ケアマネのためのより良いプランにするためのアセスメントのポイント

MENU

課題分析を行うためのICF(国際生活機能分類)

課題分析を最適に行うためには、
ICF(国際生活機能分類)の知識を有することが必要です。

 

ケアマネージャーが課題分析を行う際に求められるのは、
国際生活機能分類(ICF)の基礎的な知識です。

ICF(国際生活機能分類)とは

ICF(国際生活機能分類)とは、2001年、WHOが、
国際障害分類(ICIDH)にかわるモデルとして発表したものです。

 

現在、ICF(国際生活機能分類)は、
保健、福祉、医療に携わるすべて者に必要な知識とされていて、
それぞれの教育課程のなかにも含まれています。

 

そして、健康や病気、障害に関わる仕事に従事する専門職と、
当事者を含めたすべての関係者、
つまり、利用者本人、患者さん、障害者、家族などの相互理解と
強力のための共通言語として活用されています。

 

(1) 医学モデルと社会モデルの考え方の統合

 

ICF(国際生活機能分類)は、今まで両極にあるといわれてきた
医学モデルと社会モデルの考え方を統合しています。

 

利用者が望む暮らしを実現するためには、
利用者の状況に合わせた医学モデルと、社会モデルの
二つのモデルを使いこなさなければなりません。

 

「良い・悪い」、「やる・やらない」という二者択一ではなく、
ケアマネージャーは、
現時点で考えられるより望ましいものを選択する姿勢が必要ですし、
利用者と環境にあったアプローチを行う能力開発が求められます。

 

(2) 利用者を含めた関係者全員の共通言語

 

ICF(国際生活機能分類)の前進は、国際障害分類(ICIDH)です。

 

そして、この国際障害分類(ICIDH)がマイナス面を重視する視点を、
ICF(国際生活機能分類)ではプラス面を重視する用語としています。

 

そして、環境面の影響を含め、
生活機能を見ようとする傾向があります。

 

具体的に、ICF(国際生活機能分類)は、
単に心身機能の障害を分類するのではなく、
活動や社会参加に注目し、環境を含む背景因子として
ヒトとの相互関係が重要視されています。

 

ヒトをより深く理解するための生活機能の視点を有し、
ヒトをより広く全体的に捕らえるためのモデルであって、
障がいがある人だけでなく、障がいがない人にも当てはまるという視点です。

 

ケアマネージャーにとって、利用者を全人的にとらえるということは、
欠かすことができない視点ですが、
ICF(国際生活機能分類)の考え方はその手助けになるはずです。