ケアマネのためのより良いプランにするためのアセスメントのポイント

MENU

課題分析シートの標準項目

自社方式の課題分析シート等を活用しているという人も多いと思います。

 

そのシートに、以下の(1)〜(23)の23項目が揃っているかを確認してみましょう。

 

そして、これらの項目について適切にアセスメントし、
介護援助に役立てていくようにしましょう。

 

(1) 基本情報(受付、利用者等基本情報)

 

  居宅サービス計画作成についての利用者受付情報(受付日時、受付対応者、
 受付方法など)、利用者の基本情報(氏名、性別、生年月日、住所、電話番号など)、
 利用者以外の家族などの基本情報について。

 

(2) 生活状況

 

  利用者の現在の生活状況について、生活歴などについて。

 

(3) 利用者の被保険者情報

 

  利用者の被保険者情報(介護保険、医療保険、生活保護、
 身体障害者手帳を持っているかどうかなど)について。

 

(4) 現在利用しているサービスの状況

 

  介護保険給付の内外を問わず、利用者が現在受けているサービスの状況について。

 

(5) 障害高齢者の日常生活自立度

 

  障害高齢者の日常生活度について。

 

(6) 認知症である高齢者の日常生活自立度

 

  認知症である高齢者の日常生活自立度について。

 

(7) 主訴

 

  利用者本人、及び家族の主訴や要望について。

 

(8) 認定情報

 

 利用者の認定結果(要介護状態区分、審査会の意見、支給限度額など)について。

 

(9) 課題分析(アセスメント)理由

 

 当該課題分析(アセスメント)の理由(初回、定期、退院対処時など)について。

 

(10) 健康状態

 

 利用者の健康状態(既往歴、主傷病、症状、痛みの有無など)について。

 

(11) ADL

 

 ADL(寝返り、起き上がり、移乗、歩行、着衣、入浴、排泄など)に関するものについて。

 

(12) IADL

 

 IADL(調理、掃除、買物、金銭管理、服薬状況など)に関するものについて。

 

(13) 認知

 

 日常の意思決定を行うための認知能力の程度について。

 

(14) コミュニケーション能力

 

 意思の伝達、視力、聴力などのコミュニケーションについて。

 

(15)社会との関わり

 

 社会的活動への参加意欲、社会との関わりの変化、喪失感や孤独感など社会との関わりについて。

 

(16) 排尿・排便

 

 失禁の状況や排尿排泄後の後始末、コントロール法方、頻度などについて。

 

(17) じょく瘡・皮膚の問題

 

 じょく瘡の有無や程度、皮膚の清潔状況などについて。

 

(18) 口腔衛生

 

 歯や口腔内の状態や口腔衛生に関する項目について。

 

(19) 食事摂取

 

 食事摂取(栄養、食事の回数、水分量など)について。

 

(20) 問題行動

 

 問題行動(暴言暴行、徘徊、介護の抵抗、収集癖、火の不始末、不潔鼓動、異食行動など)について。

 

(21) 介護力

 

 利用者の介護力(介護者がいるかどうか、介護者の介護意思について、介護負担、
主な介護者に関する情報など)に関するもの。

 

(22) 居住環境

 

 住宅改修の必要性があるかどうか、危険箇所などの現在の居住環境について。

 

(23) 特別な状況

 

 虐待やターミナルケアなど、特別な状況に関するもの。